小児歯科

乳幼児から小学生にかけては、乳歯に始まり永久歯への交換の時期です。この時期にはお母様方が口腔への関心と知識を持っていただいて、健康な歯牙と口腔の状態に成長するように治療を進めます。
主な治療法としては以下の3つがあります。


@ 乳歯の虫歯の治療

乳歯が永久歯へ交換が終了するまでの間、歯が脱落することなくよく噛むことができるようにします。インレー、レジンを用います。

A 永久歯の虫歯の治療

主にインレー、レジンを用います。

B 歯列の治療

特に早期の治療開始が必要な場合は、「乳歯が早く抜けた」「生まれながらに永久歯が欠落している」などの原因で、将来歯並びや顎の状態が悪くなると考えられるときです。必要に応じて矯正治療を行います。